senior dating
100 free dating sites
logotype

ジャパン・フープダンス・チャンピオンシップ2013エキシビション無事閉幕!

第一回目のジャパン・フープダンス・チャンピオンシップ2013エキシビションが10月19日(土)東京・新宿区立牛込箪笥区民ホールにて開催されました。ご来場誠にありがとうございました。

当日の模様がこちらのフォトアルバムからご覧いただけます。

コンテストの目的

今回コンテストを発案した理由は、大きく分けて二つあります。フープダンスコミュニティの内部に向けて、それから外部に向けての二つです。

フープダンスコミュニティの内部のみなさんには、フープダンスが日本でどれぐらい広がっているのか、どこでどんなフープダンサーがどんなダンスを極めているのか、その広がりを共有してもらえればと思っています。そしてコンテスト・入賞者によるエキシビションというイベントを通じて、参加者全員で一つ上のステージに上がれるような切磋琢磨を繰り広げたいのです。

技・振り付け・音楽とのコラボレーションのレベルを高めたい。コンテストを機会に、ビデオでの作品公開が初めての人たちにも挑戦してもらって(スマートフォンやデジカメの進歩で、以前よりもずっと簡単になっています!)、今後の活動の幅をぐっと広げる窓口になるといいな、と考えています。

つまり、コンテストで優劣や順位をつけるのが目的ではなく、みんながお互いについて知りあいながら、ワクワクできるようなチャレンジの場を作りたい!というのが一つ目の理由です。

二つ目の目的は、フープダンスというジャンルについて、もっと広く強く積極的に世の中にアピールしていくことです。
フープダンスは、エクササイズとしてのフラフーピング、ジャグリングのようなパフォーマンス、サーカスフープなどのアクロバット、レイブやストリートダンス、そしてアートとしてのダンスなど、たくさんの要素と隣り合わせになっています。そのような中で、フープダンスというジャンルの美しさ、すばらしさを世の中に知らせたい、フープダンスの存在をアピールしたい、と思っているのです。

世の中にアピールするためには、フープダンスの中の視点だけでなく、フープダンスを知らない人や、他のダンスやアートの専門家などの視点も意識し、その人たちの鑑賞眼にかなう必要があります。

そのため、コンテストの審査員には、映画監督やアートの大学研究者、ダンスの専門家、海外のフープダンスパフォーマーなど、さまざまな人たちをノミネートしています。審査員の方々には、それぞれのダンサーがどんな人物であるかはお伝えせず、純粋にビデオだけを見てもらい、それが気に入ったかどうかで採点していただきます。

このような方法をとることで、所属や人間関係にとらわれない公平な審査をしてもらうということにもつながりますし、そのような審査員によってフープダンスが認められるということを通じて、世の中にフープダンスの存在をもっと強く意識してもらえるきっかけになると考えています。

コンテストにどんな気持ちで参加したらいいでしょうか?気軽なものですか?それとも厳しい審査があるものですか?

フープダンスは細かな規定を持ったダンスというよりも、クリエイティブな要素を強く持っていると思います。審査はそれぞれの審査員がよい、美しいと思うかどうかにかかっています。つまり、様々な人をよりたくさん、楽しませた人が高く評価されることになるでしょう。

ですから、気軽な気持ちで作品作りを始めてください。そして、その作品をよりよいものにするために、情熱を(できればたくさん)かたむけてください。そこには切磋琢磨の余地があります。

審査員がどのような作品を好み、高く評価するかは、まったく予想がつきません!あなたのベストを審査員に、そして世の中に、見せてあげてください!

審査の結果は、誰が誰より上だとか、順位が何位というような、つまらない形での発表にはなりません。

最も審査員の心を引きつけたのがどのダンスであるか、どれとどれが最後まで審査員の心を引きつけたか。エントリーしたビデオはすべて一般に公開されますし、入賞者によるエキシビションは、すべての参加者を熱狂させるような熱いショーになることでしょう!

このコンテストからは何が得られるでしょうか?

コンテストそのものは、単なる「仕掛け」に過ぎません。できるだけ多くの参加者が集まること、ビデオをコミュニティ内外のいろんな人が見ること、審査の結果誰かがベストに選ばれること、エキシビションをみんなが見に集まること。それを通じて、私たちは自分自身をアピールし、生徒たちの発表の機会をつくり、新しく魅力的な誰かとのつながりをつくることができます。

つまり、あなたが望むとおりにコンテストを使ってください!フープダンスの作品づくりに情熱を傾けることが、よりよく目的にかなうことにつながるであろうと、私たちは信じています。

開催概要

ビデオ・コンテスト

エントリー期間

2013年5月1日〜31日
エントリー資格、方法などの詳細はこちら

予選審査

2013年6月3日〜17日(当サイトからの一般投票)

本戦審査

2013年6月18日〜7月2日

結果発表

2013年7月上旬

審査方法などの詳細はこちら
審査員の紹介はこちら

 

入賞者によるエキシビションショー

2013年10月19日(土)13時開場・13時30分開演(15時30分終演予定)
会場:東京・新宿区立牛込箪笥ホール
入場料:自由席1500円(小学生500円、未就学児童無料)※すべて当日受付となります。お席の事前予約は承っておりません。入場順にお席をお取りいただく方式です。
入選圏内にランクインしたパフォーマーたちによる、豪華絢爛、楽しみにあふれるステージと交流の場となります!(※会場都合により、エキシビションショーの開催日が変更になっております。現在の日程で確定いたしております。)